2009年03月15日

ニイハオ、ザイジェン

上海へ行ってきました。

また行きたいっす。

楽しかったっす。



DSC00243b.JPG

最後に乗ったタクシーで、一番愛想がよかった運転手。何度も写真を撮らせてくれ、その度に「謝謝」とスマイル。(だが、ブレた)
posted by ユング at 20:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | そうだ○○に行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

中国4千年

人民広場

DSC00168b.JPG

(at 上海博物館)

 
浦東(プードン)

 
DSC00227b.JPG

(at 上海タワーの下)
外灘(ワイタン)と川を挟んだ向こう側で都会地区



都心部のビル群の景観は東京よりすごい。上海タワーみたいに面白い建物もいっぱい。来年は上海で万博もあるので、それに向けてまだまだ建物がバンバン建ってます。正直ちょっと住んでみたいです。
posted by ユング at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

名所 Shang Hai

豫園(ヨエン)

DSC00088.JPG





外灘(ワイタン)


DSC00135.JPG

posted by ユング at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

青島beerとカプチーノ

上海に来ました。in 深夜
華聯羅森(ローソン)で買ってきました。


DSC00082.JPG


すごい薄味で微炭酸の青島(チンタオ)ビール。甘ぃ珈琲牛乳、『カプチーノ』。


ちょっと郊外のローソンですが、『いらっしゃい』も『ありがとう』も言ってもらえませんでした。(泊まった三ッ星のホテルでも言われてない。)地元のおじちゃんがタバコを吸いながら入店。う〜ん異文化。愉快(ユィクアイ/楽しい)。





2005年のローソンの記事
上海繁華街瞿溪路の一角、半径200メートル以内に華聯羅森(ローソン)、可的、好徳、聯華など八つのコンビニチェーンの店舗が密集している。今、上海は中国でコンビニ密度がもっとも高い都市である。コンビニの数は1999年の約1,000店舗から毎年2桁の成長率を続け、2004年末には5,407店舗まで拡大した。

http://www.jmrlsi.co.jp/menu/cmt/2005/cmt0507_1.html
posted by ユング at 23:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

トレイントレイン

撮るものも見当たらず、とりあえず電車を撮ってみた。

東京地下鉄東西線E231系
DSC00053.JPG


路線総延長 30.8 km
軌間      1067 mm
電圧     1500 V 架空電車線方式 (直流)
最高速度 100 km/h
全線の半分を占める約14kmの長距離の地上区間(国内で一番長い)を持つ千葉県−東京都を走る地下鉄路線。
posted by ユング at 00:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

今日の切り抜き090306

一蘭てのと筑豊ラーメンてのも食べてみたい。

九州地区ラーメン売上首位は一風堂 一蘭伸び山小屋抜く 
 帝国データバンク福岡支店がまとめた九州・沖縄の外食産業の「07年度売上高(単体)ランキング」の中のラーメン店で、九州以外への進出に力を入れている一蘭(福岡市)の売り上げが筑豊ラーメン「山小屋」のワイエスフード(福岡県香春町、ジャスダック上場)を抜いた。
07年4月〜08年3月に決算期を迎えた1533社が対象。一蘭の売上高は11.9%増の46億円で、ほかの業種も含めた総合順位は21位から19位になった。ワイエスフードは2.9%減の41億円で20位から21位に。ラーメン店の首位は「一風堂」の力の源カンパニー(福岡市)で、6.5%増の67億円で、総合順位は前年度と同じ10位だった。
http://www.asahi.com/food/news/SEB200903040007.html



博士もできるのかな。すごい。


「ビートルズ学」で修士号 リバプールの大学、世界初
 【ロンドン4日共同】英ロックバンドのビートルズの故郷、中西部リバプールにあるリバプール・ホープ大の大学院はこのほど、ビートルズ研究で修士号が取得できるコースを開設した。大学側は「おそらく世界で初めて」のコースだとしている。学位の名称は「ビートルズ、ポピュラー音楽そして社会学修士」。学生はビートルズの楽曲だけでなく、ビートルズを生んだリバプールの街や時代背景などの研究ができ、講義と論文審査で学位が得られる。このコースで音楽の講義をする教員マイク・ブロッケン氏は「ビートルズについては8000以上の本が書かれているが、学問として真剣に研究されたことはない。それでわれわれが取り組むことにした。リバプールはビートルズ研究にふさわしい場所だ」と話している。大学には英国内のほか、米国など外国からもコースについての問い合わせが来ているという。
http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009030501000091.html




posted by ユング at 23:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Googleリーダー

Googleリーダーの存在を知った。世界は広がった。
posted by ユング at 00:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツブヤキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

今日の切り抜き090305

僕は親の実家が山口なのでたまにこの『富士』や『あさかぜ』で帰っていた。寝台乗ったら朝まで起きてたが、、1本くらい走らせておいてほしいっす。

ブルトレ、最後のフィーバー 引退目前、東京駅に人波

 寝台特急「富士・はやぶさ」(東京―大分・熊本、定員320人)が13日発で引退し、東京駅発のブルートレインが姿を消す。最終列車の切符は10秒で完売し、東京駅には連日多くのファンが詰め掛けるなど異様な盛り上がりを見せる。

 平日の午後5時40分過ぎ、東京駅10番線に止まった「富士・はやぶさ」の寝台車に機関車がゆっくり連結されると、100人近いファンがカメラのシャッターを切った。

 「黄色い線の内側に下がって下さい」「脚立は使わないで下さい」

 駅員の大声が響く。隣の新幹線ホームからシャッターチャンスを狙う人もいる。土日は400人が集まる。ホームの混乱に備え、駅員と警備員ら約20人が警戒する。

 列車は東京駅を出発後、門司駅(北九州市)で「富士」と「はやぶさ」(共に6両)に分かれ、大分と熊本に向かう。17〜18時間の旅となる。

 ブルトレの一般的な定義は20系や14系などと呼ばれる青い色の寝台車を機関車が引っ張る特急。全盛期の70年代には20列車ほどあったが、新幹線や飛行機に押され、JR化後は急速に減った。今後残るのは北斗星(上野―札幌)と北陸(上野―金沢)、あけぼの(上野―青森)、日本海(大阪―青森)のみだ。

 「富士・はやぶさ」は「東京駅発の最後のブルトレ」だけに、ファンの関心はとりわけ高い。今月1、2日、東京都港区の車両センターで開かれた撮影会。線路上から機関車を撮影できるとあって、「鉄道博物館」(さいたま市)の入場券と東京―大宮往復の新幹線チケット付きで5千円の募集(定員600人)に、724人が応募した。

 インターネットのオークションでは、9450円のB寝台(乗車券除く)が5万円以上に跳ね上がっている。(峯俊一平)

■最終は13日18時3分、大混雑を予想

56年にデビューした元祖ブルトレの「あさかぜ」(東京―下関)が引退した05年2月末には東京駅のホームに1千人が集まった。ビジネスマンに人気だった寝台急行「銀河」(東京―大阪)は昨年3月に引退。午後11時という深夜の出発だったが、2千人が詰めかけた。

 今回、廃止される「富士・はやぶさ」は午後6時3分発。金曜日のラッシュ時と重なるうえに、人気ブルトレだけに、3千人が集まるとも言われる。JR東日本は「ホームへの入場を制限する可能性もある」とする。

アサヒ・コムトップ


posted by ユング at 23:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の切り抜き090302

>猫カフェは東京を中心に多くオープンしている

そ、そうなの? ちょっと行ってみたい・・・

確かにあるみたい・・・
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&lr=lang_ja&client=firefox-a&rls=org.mozilla:ja:official&hs=SUZ&q=%E7%8C%AB%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7+%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD&revid=2035112465&ei=HOGvSeDtKdKukAXN4dHYBA&sa=X&oi=revisions_inline&resnum=1&ct=broad-revision&cd=9



松本にも猫カフェ、癒やしの空間で会話弾む

特集 どうぶつ広場
人懐っこい猫たちと遊べる「猫カフェ」

 お茶を片手に猫と遊べる猫カフェ「Zaneli(ザネリ)」が長野県松本市深志にオープンし、癒やしの空間として人気を集めている。

 猫カフェは東京を中心に多くオープンしているが、県内では珍しい。扉を開けると、アメリカンショートヘアーの「J」、アビシニアンの「ビアンキ」など、生後3か月前後の7匹が出迎えてくれる。

 約40平方メートルの店内の中心には、高さ2メートルほどのキャットタワー、階段、猫じゃらしなどが置かれ、気ままに遊ぶ猫たちの愛らしい姿を見ることができる。毛布を敷いた土鍋に猫が入る「猫鍋」も用意した。

 店長の唐木佳寿美さん(37)は「知らないお客さん同士でも、猫を通じて会話が弾むような店にしたい」と話している。

 3日までは予約制。基本料金は20分300円で、飲み物は150円〜。営業時間は午前11時〜午後8時、祝日を除く水曜日定休。問い合わせは同店(電話0263・36・7299)へ。
(2009年3月2日14時23分 読売新聞)
posted by ユング at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。